--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-28(Thu)

ちょこちょこっとした話 14

ちょこちょこっとした話 14


吉祥寺から中央線に乗る。
果てしない、たくさんの屋根。
このすべての屋根に、ソーラーパネルがあったら…。
新たに自然を壊さず太陽光発電を進めるなら、東京はその条件に適しているのでは……?わかりませんけど。


何年も前から、ウチでよく言っていたこと。
水道の蛇口(キッチン、風呂、トイレなど)に発電機をつけたら、そして蓄電池付きの家電が増えたら、かなりの電力が補えるんじゃないかな。


そうしたら、電力会社の方々の雇用が激減するだろうか。
そういう方々のことなども含めて、よい政策が立ち上がったらいいなぁ。
我々も、今までたくさんの電気を使ってきたのですから、電力会社だけを責めることはできない。


「あんたは火を使う。そりゃあ、わしらもちょびっとは使うがの、多すぎる火は、なにも産みゃあせん。火は、森を一日で灰にする。水と風は百年かけて森を育てる。わしら、水と風のほうがええ。」
~風の谷のナウシカより
私たちは、火を使い過ぎたんです。
…制御の方法が見つかっていない火まで。


急激な変化は、急激な衰退をもたらす。
これも、ウチでよく話していることです。

今、《目先の》補正や利だけでなく、《長期的視野》で取り組まねばならない。時間がかかるのは当たり前。
世界中が、暖かいアイデアを結実する方向に進んでほしい。
そう祈ります。

では、また…
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。