--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-08(Sun)

ちょっとした話 30

30 『相手』


アニシモフ氏、よくいわく、
「(日本語で)相手、相手、相手!」


目の前にいる相手を忘れてるよ~、ということ。


目の前に生きた人間がいることを、忘れる?…そんなことがあるのか?
……これが、よーく起こるんです、舞台上では。


日常では、そうですね~゛上の空゛の時にそうなりますかねぇ。

舞台上での゛上の空゛は、どんな風に起こるか……
…興味(意識)が、自分だけに向くと、相手を見失います。

それも、

「私は、うまい演技できるだろうか」
「私を、演出家は誉めてくれるだろうか」
「私は、お客さんにウケるだろうか」

…みたいな意識に囚われると《心配と緊張》が現れて、とたんに目の前の生きた相手を見失ってしまいます。
《交流》の糸が、切れてしまうのです。



何かに夢中になっている人の《行動》を見るのは、たいへん面白い。

特に、今、目の前で起こっていることや、相手に対して夢中になっている、つまり、《我を忘れて》何かに夢中な人の《行動》ほど、面白い。

真摯で、個性的で、真っ直ぐで、時に滑稽で暖か、時に辛辣で鋭い、とにかくその人にしかやれないような、独創的な《行動》で立ち向かって行きます。

ところが、自分のことを考えている人の《行動》は、あまり面白くない。
自分のことばっかり話す人、いますよね。
ま、誰しも(あたくしも)そういうトコありますけど…。


それは、俳優の場合《結果》のことを考えているのに、他なりません。
目の前の相手を飛び越えて、外側のだれかの《評価》を求めることだからです。


俳優同士の《交流》の糸が切れたら、観客には、見るものがないのです。



モーガン・フリーマンへのインタビュー。

Q「あなたにとって、相手役の存在は何%ですか?」
A「(即答)100%です。演技とは、リアクションのことです。」


以前にも書きましたが、マーロン・ブランドの言葉
…「私は演技しない。ただ反応するだけだ。」


あぁ、こんな簡単なことが、当たり前のことが、なんとむずかしいのでしょうね。


では、また…
スポンサーサイト
2011-05-01(Sun)

ちょっとした話 29

29『ある日の、三時間…冷や汗とともに…』


震災後、久々の公演。
本番前に、一幕だけ、通し稽古をやることになりました。

面倒くさがりの私は、正直「え゛ー」と思っておりました。

ところが!

んまぁ~、セリフを思い出すので手一杯!

「スタニスラフスキー・システムとは…」なーんて語るどころじゃございやせん。


タイムリミットは三時間!
たぶん、ほとんどの役者が想像する(であろう)、あの悪夢……「自分のせいで、この芝居がダメになる…かも…。」ってヤツ。
ひゃ~~、ひぇ~、ひょ~、その事態が目の前に!
3時間後に!!

「こりゃ~いかん!どうしよう!」
内心あわてふためき、真っ青。


アニシモフ氏いわく、
「芸術は、それを正しく行わない者に復讐する。」
…まったくその通り。
演劇芸術に、怠慢と慢心は許されないのです。


三時間で何が出来るか、必死で考えました。


いつも、どんな調律をしてただろう…んー、なんだっけ?混乱してる。

「落ち着こう、とりあえず深呼吸。」
深くゆっくり吐いて~、吸う、ゆっくり吐いて~、吸う……
…いか~~ん!これだけじゃ解決しない!!

具体的に何をすればいいのか!?


その三時間のことを、思い出してみます。


①まず、自分の現状をうけいれる。
…見栄やプライドが邪魔をして、なかなか素直に自分の゛ダメダメ゛さを認められないものです。
ダメな理由を自分の外に見つけたり、言い訳を探したり…。

②台本に立ち還る。
…この場面は《どんな状況》なのか。
《何を》《何のために》やっているのか…。
…《誰と》《何を》《なぜ》しゃべっているのか。
戯曲のラインから離れて答えを見つけようとすると、必ずや、後になって矛盾に悩まされます。

③眼だけを動かす(私の場合)。
…眼を見開き、眼だけをあちこち動かして、周りを見る。
これなに?と思うでしょうが、どんな効果があるか、よかったら一度やってみてください。
大切なのは、見えたものをしっかり捉え、観察・認識すること。


④《交流》について。
…自分はこれから、ここにいるみんなと、そして舞台では、目の前にいる生きた相手の考えや気持ちと《交流》するんだという、当たり前のことを言い聞かせました。


そうしたら①に戻って、《謙虚な気持ち》を失っている《現状》に気づきました。
認めざるを得ない。「ヤバい、オレってぜんぜん゛ダメダメ゛じゃん。」
セリフどころか、戯曲のことも、システムで学んだことも、なんにも準備が出来てない!


というわけで、再び②③④…と巡り巡っているうちに、戯曲に新しい発見をしたりして、面白くなってきて、ご褒美に《キャラクターの種》が降りてきました。
(この、面白くなるというのが大事なんですなぁ…きっと)


三時間をざっとまとめると、

☆戯曲に立ち返ること。
☆スタニスラフスキー・システムを、正しく活用すること。
☆謙虚さを取り戻すこと。
…だったのでしょう。


アニシモフ氏いわく、
「俳優が、いかに怠けたがりの性質を持っているか、よ~く知っています(笑)。」

…はぁー、御明察。


日々の努力(ほんの少しずつでよいのです)を忘れた者には、いかなる奇跡も訪れない。
そして《謙虚な心》で。
…すぐに失くしちゃうんです。まったく、自分の器の小ささを思い知らされます…。


今回は(も)、つくづくスタニスラフスキー・システムに感謝……そして、反省…………。


では、また…
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。