--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-25(Sun)

ちょこちょこっとした話 5

5、『呼吸と、150,000,000回』
 
 
 某、N○Kの『ため○てガッ○ン』(私、わりと好き)という番組で、『呼吸』についての放送を見たことがあります。
  息を吐く、吸う、すなわち『呼吸』。
 
  神経には、
 
 交感神経と副交感神経とがあって、
 
 
 息を吸うときは交感神経が働き、
 
 息を吐くときは副交感神経が働くそうな。
 
  どう違うかというと、
 
 交感神経が働く(吸う)時はドキドキして、
 
 副交感神経が働く(吐く)時はゆったりした気分になるのだそうな。
  まとめると、
  ○息を吸う時は、神経が活発になり、
  ○息を吐く時は、神経がお休みする。
 
  私、ため○てみました。みなさんも、今すぐ実験できます。
 
  胸に手を当てて、ゆっくり呼吸してみてください。
  息を吸う時は、心臓の鼓動がトクトクトクトクと鳴り、息を吐く時は、トックン・トックンとゆっくりになります(まさか私だけでは?!) つまり、吸う時間を短く、吐く時間を長く(スッと息を吸い込み、ゆっくりと吐き出す)すれば、心臓の鼓動の回数が減るわけです。
  番組の実験では、そのやり方で10分ほど呼吸すると、リラックスして毛細血管が緩み、掌の温度が上昇してました。
 
  逆に、あまりにも緊張すると、掌が冷たくなることありますよね。
 
  さてさて。
 
 別の番組で、『心臓』について放送してました。
 
  地上のあらゆる生物の心臓は、概ね
 
 (確か)
 150,000,000回、
 =1億5千万回
 
打つと、自然と鼓動を停止すると報告されていました。
 
  一体、誰がどうしてそんな設計をしたのかわかりませんが…。
  そのリポートを信用すれば、事故や病気でない限り、
 
 約1億5千万回で、心臓は自然に鼓動を止める
 
 というのです。
 
 
 へ~~~、ホ~~~~。
 
 
 小さな動物、例えばネズミなどの心臓は、激しく動いてます。だから寿命が短いそうです。
  人間の場合、薬や延命治療などで、その法則にかなりの誤差があるらしいのですが。
 
 
 さてさて、さぁて。
 
  これら二つのリポートを照らし合わすと、
 
 息を吸う時間が長いほど、鼓動の回数は多いわけです。
 つまり、それだけ寿命が短くなることになります。
 
  逆に、吐く時間を長くすれば、鼓動数は少なくなり、寿命は長くなるワケです。
  別に『長生きのすすめ』をしているのではありません…。
 
  経験から、ドギマギしている時に、あまりいいことないです。
 
 日々、あわてふためいて暮らすと、心も体も疲れます。
 
  かといって、なんでもかんでもゆっくりやればいいとは言いません。
 
 が、始終バタバタしていると、《落ち着いて、しかもすばやく的確に》という感覚がわからなくなるんじゃないかと…。 繊細で、しかも大胆、温かくて鋭くて、高い考えと広い寛容さを持ち合わせた《行い》は、緊張からは生まれません。
 
  自由で、バランスのとれたリラックス状態からこそ生まれるのだと思います。 誰かを落ち着かせる時、息を吸わせるのではなく、「ふ~っ」と吐かせるのも事実。
 
 吐けば鼓動がゆっくりとなるのも事実。
 
 心臓バクバクは頭にばかり血がのぼるのも事実です。
 
  「太く短く生きるか、細く長く生きるか」
 …なんてぇことを言いますね。
 
 しかし、「太く、しかも長く生きる」というのもいいかな、と。
  落ち着きたい時、ちょこっとため○てみてはいかがでしょうか。
  では、また…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。