--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-24(Tue)

ちょこちょこっとした話 10

ちょこちょこっとした話 10  『銀河の野原』
  仕事で、群馬県の片品村にいって来ました。 吹き割りの滝のあたり、すごい山の中です。
  夜9時ごろに終わり、車で一路東京へ… …真っ暗な山道を下ってゆくのです。
  やや雨降り前の天気だったのに、見上げると満天の星。 東京では、なかなか見られません。
 
  オリオン座の左や上に、こーんなに星があるんだなぁ~、と、感動~。 反対の空には、北極星でしょうか、ひときわ輝く一点の光。
 
  そういえば、九州でもたくさんの星が見えたはずなのに、住んでるとありがたみがわからないものですね。
 
 
 車が山道を下って行く。
  と、真っ暗な視界に、いきなり街の明かりがあらわれました。 山の裾野の街明かりですから、横に連なり拡がっています。
  そう、まるで銀河のような形。
  頭上には満天の星、眼下には銀河のような街明かり。
  『銀河鉄道の夜』で、星空を見ながらジョバンニが考えています。
 ~~~~~~~~~
 
 
 「ああ、あの白いそらの帯がみんな星だというぞ。」 
 
 
 ところがいくら見ていても、そのそらはひる先生の云ったような、がらんとした冷たいとこだとは思われませんでした。 
 
 それどころでなく、見れば見るほど、そこは小さな林や牧場やらある野原のように考えられて仕方なかったのです。 
   ~~~~~~~~~
 …宇宙に野原を見るなんて!
 
  私が見た街明かりの銀河。
  そこには、人が住み、野原があり牧場があり、花が咲き、家々や郵便局、駅やお店がある。 現代だから、街明かりの銀河には、たくさんの光が溢れています。 
 
 
 賢治の生きた時代、村には、そんな光に満ちた風景はないはずです。 
 
 
 ああ、宮沢賢治は星空の中にそんな景色を見たのだろうか。
映画か、外国の街明かりの写真を思い出したのでしょう。
 
 
 
 それにしても、星空を野原や牧場に感じるなんて、なんという想像力!
 
 もしか、一瞬、賢治は時空を飛び越えて、光あふれる未来を覗いたんじゃないかしら?とも思いました。 天才の超感覚、デリケートで大胆な感性には、驚かされるばかりです。
  では、また…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。