--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-02(Tue)

ちょっとした話 27

27『楽しむ力』



「どんなことを考えてましたか?」

 
「そうですね~、やることはやって来たので、あとは楽しもうと思ってプレイしました。」


…ゴルフで賞金女王になった、横峯さくらさんへのインタビューの答えです。


フィギュアスケートの鈴木明子さん。
「楽しかった。あぁ、もう私のオリンピックが終わっちゃうのか。もっと滑っていたいなぁ。」
と、演技しながら思ったそうです。


 
人が《楽しんで》いる姿は、実に私たちの心を打つもの。


その姿が苦しみの中に在るときは、見ている私たちも苦しくなります。
 
「かわいそう、辛そう」
 
こちらの体も、心も緊張します。


スポーツばかりで恐縮ですが、WBCの決勝戦で、あの二塁打を放った時、イチローはバッターボックスの中で、
 
「今、自分が世界中のテレビで注目されてるんだろうな~。ここで一発打てばヒーローだなぁ。」
な~んて考えてたそうです。
 
「不謹慎かなー、と思ったけど…」
と。
 
 
でも、それって、すごい精神のバランスのとりかただなぁ、と思います。



 俗に「役者と乞食は、三日やったらやめられない」 
 …マァ、なんともひどい言い種ですが、趣味の芝居ならいざ知らず、スタニスラフスキー・システムを習得することの、なんと難しいことか…。
 
 
 戯曲を読み解く、人物の分析、何年もかかって役を自分のモノにする。
舞台上での交流、集中、課題、超課題……もっといっぱいい~っぱい…
 
…あぁ、もうわからん!できない!無理、助けて~!!

 
「やめられない」どころか、「私を放り出して~!」
と、何度も何度も叫びたくなります。


それでも続けていられるのは、そこに《喜び》があるからです。

 
 だってねぇ、苦しいばっかじゃ、そりゃあ心身ともにおかしくなっちゃいますよ。
 
 
 
モノを創る仕事、人を助ける仕事、挑戦し追求する仕事には、《喜び》《楽しさ》があります。
 
 
『達成感』と言うだけでは収まらない、《無限の可能性》が、そこにあるような気がします。


 
アニシモフ氏いわく、
 
…「創造活動には、たくさんの《困難》があります。
私たちは、それを乗り越え、克服していかなければなりません。

 
その時、《困難》に対して

《戦いを挑む》

のではなく、

《友達になる》

ことが大事です。」


…はて、どうやって?


 
またまたスポーツの話ですが、フィギュア女子で銀メダルを取った浅田真央さん。

オリンピック史上初、女子で(3回も)成功させたトリプルアクセルについて、こう話してました。

 
「ん~、難しいけど、跳べるようになれば一番の《友達》ですし…。」

 
一番《困難》なモノが、一番の《友達》!

 
そう言い切る彼女はスゴイ!!


イチローは、日々のトレーニングを欠かさない。
常に調律し、探求している。
 
 
横峯さくらさんは、アプローチの仕方を変えたとか。
 
これまでは、イメージをとらえるため、コースを読んで何度も何度も素振りを繰り返し、またコースを読んで、時間をかけて打つやり方だったのを、ある程度「よし!」と思ったら、プレーに入るようにしたそうです。

 
きっと、そのテンポリズムが、精神的にも肉体的にも、余計なストレスを少なくし、インスピレーションをもたらしてくれたのでしょう。


 
これらの実例から、
 
 
 ☆日々の鍛練を怠らない 
 
 
 ☆より良い方向の模索、研究、実践
 
 
 ☆それを、正しいやり方に沿って行うこと
 
 
 …などが大切なのではないかと。
 
 
 ゴルフにしろ、野球にしろ、フィギュアスケートにしろ、学ぶべき基本を抜きにして進むことはできません。
 
 
 同じ質を感じる演劇芸術にも、当てはまるような気がします。
 
 
 
 舞台で緊張しない人はいません。

 
そこを乗り越えて、《困難》と《友達》になる。

 
並大抵ではありませんが、そこまで行きたいものです。

そうして、探求は無限につづくのです。

 
 
「楽しもうと思いました。」
…自らの仕事を成し遂げた人だけが言える言葉。
 
その人だけが知っている努力。
 
最近、しょっちゅう耳にするこの言葉が、私の胸を騒がせるのです。

 
きっと、私たちにだって言える! 
 
 
 そのためには、間違ったやり方を選択しないようにすることが肝心。

 
そうすれば、『楽しむ力』を感じることができるのではないでしょうか。


 
では、また…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。