--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-03(Sun)

ちょこちょこっとした話 21

《風に乗る》


ご存じ宮崎駿さんの映画には、空を飛ぶシーンが沢山出てくる。

ハリウッド映画にも、空を飛ぶシーンが沢山ある。

飛び方の違い

宮崎さんの作品では、音も無く《風に乗る》

ハリウッド作品では、爆音とともに《風を切り裂く》

…そんな印象がある。

どちらが良い、という話ではない。

どちらが好き、というのは、ある。


さて、私達は今、『古事記』の分析をしている。

『古事記』そのものというより、誰かの意図で編纂される以前の、

《口伝によって伝えられていた、太古の日本人の知恵や無邪気さや、直感力など》

を探っているかんじである。

鎌田東二さんによると、日本神話には、絶対神、教典、また教祖たる特定の人物がいない。

なるほど、と思った。

日本人の《神様》に対する感覚。
《自然》つまりは《宇宙》に依るのだ。

アフリカから旅をして、陸の果ての日本に辿り着いた人類は、DNAの中にそのような《神様》観を身に付けたのかもしれない。

《あるがまま》のような…。


宮崎駿さんの作品には、必ず《神様》が登場する。
全能のパワーを持っているわけではなく、ヘンテコな神様たちもいっぱい。
ただ、居る。
そして、人間くさい。


どちらが好きかという話ならば、《風に乗る》ほうが好き。

私も、やっぱり日本人だな~。


では、また…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。