--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-20(Thu)

1、 『俳優という仕事のために』

ここらで、学んできたことを、ちょこちょこっと書いてみようかなと思い立ちました。

稽古なり、本番なり、実践を通してのみ、俳優修行は有効ですので、ここに書くことは、

 『実践前の心得、また実践中も、俳優を支えてくれる考えやヒント』

…となれば。

簡単に言えば、私がこれまで聞いたことの記録です。と、ちょこっと感想。

 では…
 
1、俳優の仕事の九割近くは、『聞く』ことである。
 
アニシモフ氏いわく…
 「とかく、俳優はしゃべり、動く仕事だと思われがちですが、そこから間違いが始まるのです。」

 恥ずかしながら、私、それまで、大声でセリフを言い、観客の注目を集めるために汗だくになって走り回り、おおよそヘンテコな動きとしゃべり方で笑いをとったりして、得意になっている俳優?でした。 
 
あらためて周りを見てみると、そんな行為をしている人はまずいませんし、日常生活でいるとしたら、ちょっと残念な人です。ね。
 
 ですから、この言葉を聞いた時には、ビビ~ン!まさに目からウロコでした。
 そして稽古で実践。その通りでした。

『俳優の仕事の九割近くは、聞くことである。』
今では『受容することである』と、もう少し正確に表せるようになりましたが、単純ですけどなかなか有益な考えでした。

では、また…。


スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。